離婚の相談にはどれくらいの費用がかかるか

夫または妻との別れを考えた時、スムーズにお互いに離婚に同意していれば書類だけで解決することが多いですが、もし浮気問題や養育費のことでもめたりした時にはそうスムーズに進むとは限りません。そんな時には離婚について詳しい専門家の意見をもらうことで解決しやすくなります。しかし、専門家に話をするにしてもその費用がどれくらいかかるのかということがわからないと不安になりますし、もしかしたら高くかかってしまうのではないかと相談もしにくいということもあります。そんな時のために費用についての知識を得ておくのが良いでしょう。依頼する前の相談料に関しては無料のところと有料のところがありますので、気になるところがあった場合には前もって問い合わせてみるのも良いです。最近ではホームページなどにも記載されていますのでチェックしてみましょう。

費用は着手金と報酬金がかかることが多い

例えば離婚の相談を弁護士にする場合、依頼前であれば最初の30分ほどは無料、もしくは有料であれば5千円ほどと設定しているところがほとんどです。しかし実際に依頼するとなると、弁護士によって差がありますが、慰謝料や養育費など金銭が関わらないものであれば着手金でおよそ40万円前後、報酬金で40万円前後必要となることが多いです。協議書の作成や協議調停の代理人として調停手続きに出てもらう場合などはさらにこまごまとした費用が必要になることもあります。ちなみに弁護士費用が経済的な理由で支払えないという時は手取り所得が一定以下だったり、勝訴の見込みがないとは言えないという場合などに法律扶助制度を利用することができる場合もありますので利用することも可能です。この場合、無料で法律的なアドバイスをもらうことができたり、弁護士の紹介、裁判費用の立て替え、書類作成の援助などの支援を受けられます。

弁護士に依頼するメリットとは?

弁護士に依頼するメリットはいくつかあります。例えば自分でするよりも有利に調停手続きを進めることができるようになったり、自分にとって不利な条件を受け入れてしまうなど取り返しのつかない失敗を防ぐことができます。またアドバイスをもらうことができる専門知識を持つ相手がいることで、時間や精神的な浪費を防ぐこともできます。他には裁判をスムーズに進めることができたり、別れる意思がはっきりしていることも相手側に伝えることができます。逆にデメリットとしては弁護士の費用がかかること、弁護士の選択を間違えると裁判などをスムーズに進めることができるどころか、時間の無駄に終わってしまうことがあるということなどがあります。やはりお互いだけで話し合いを進めることができない場合には弁護士に依頼するほうが便利です。