離婚の相談をする時の注意点をピックアップ – 離婚をお考えのあなたへ安心できる相談室

離婚の相談をする時の注意点をピックアップ

どのような家庭でも必ず結婚生活が上手くいくわけではない以上、円満な形か裁判に発展するかの違いはあっても夫婦生活を解消してしまうのは仕方が無いことだと言えます。もしも夫婦間で円満な話し合いが行われず、離縁に向けた夫婦間の交渉などがスムーズに行われない場合には、弁護士や司法書士などに間に入ってもらうことを考えてください。法律の専門家の力を借りることで、裁判に発展する前に示談という形で話し合いが終了する可能性が高いからです。弁護士や司法書士に離婚の相談を行うときに注意しておきたいことは、子供の親権をどちらに委ねるのかと夫婦のどちらに原因があって分かれるのかを明確にしておくことだと言えます。とくに子供の親権の有無は、慰謝料や教育費などお金に関する交渉ごとを進める上で極めて重要なポイントなのであらかじめどちらが得るかを決めておくことを推奨します。

1番こじれやすいお金の問題はプロに交渉してもらいましょう

離婚の相談内容としてとくに多いのが、子供の親権に関することと慰謝料を初めとしたお金の問題だと言えます。たとえ円満な話し合いの末に別れるとしても、その後慰謝料の支払いが滞ってしまうといった事例も多いからです。1番こじれやすいお金の問題は弁護士や司法書士といったプロに交渉や証書の製作を任せてしまうべきだと言えます。相手が有責な場合は希望金額通りの慰謝料で話が固まることも珍しくありませんが、どちらが悪いわけでもない性格の不一致などからくる別れの場合慰謝料や一時的な生活費の振込みの金額が素人だけでは決めづらくなっています。過去の同じような事例から適正とだと判断できる金額などをプロに算出してもらい、その上で慰謝料や教育費などの総額を決めるのが最も無難で好ましいと言えるため記憶しておいてください。

無料で話を聞いてくれるテラスなどがあります

法律的な問題が絡む離婚関係の相談をどこかに行いたいものの、具体的にどこに話を持っていけばいいのかが分からないといった際には、専門とされる場所を利用することを検討してみてください。弁護士事務所や司法書士事務所と違い完全無料で法的な悩みを聞いてくれるテラスとなっており、話の内容によって解決に導いてくれそうな事務所などを紹介してもらうことも可能です。まずは無料で話を聞いてくれるところを利用したいというのであればおすすめだと言えるでしょう。すでに話をする前から別れるという意志が固まっているといった状況下ではなく、まだ本当に別れるかわからないといった段階でもデリケートな夫婦間の話を聞いてくれるところも多くあります。たとえ家庭の問題だとしても、ひとりで抱え込まないことが大切なので第3者の意見を重要視してみてください。